ピックについて【1】 種類と選び方

こんにちは!

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

今日は僕のおすすめなピックの選び方をご紹介したいと思います ギター

 

 

 

ピックはギター演奏には欠かせないアイテムですよね。

 

 

 

弦とならんで最大の消耗品のひとつです。

 

 

 

通常は1枚100円位と 安めなのですが 侮るなかれ。 

 

ピックによって出る音と プレイアビリティが かなり変わりますので

 

 

 

自分のプレイスタイルに合うピックを選ぶ のが大切だと思いますチョキ

 

 

 

 

それでは種類について お付き合いください爆笑

 

 

 

大きく分けて ティアドロップ と トライアングル(おにぎり型) の2つがスタンダードです。

 

 

 

 

 

 

 

ティアドロップ 涙型のピックです

 

僕はこのタイプを愛用しています。

 

 

 

ピックの先端がほどよく細くなっているために コントロールしやすく

 

 

ピッキングの強弱や、角度の変化による表情の変化がつけやすいのです。

 

 

意識的に練習していく事でコントロールが可能になっていくので

 

 

僕はこのティアドロップを一番おすすめしています。

 

 

 

ロック系からファンクやジャズなど、ジャンルを問わない型ですね。 

 

 

 

バッキングからソロなど、オールマイティなピックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

トライアングル (おにぎり型) です

 

三辺が均等なシェイプになっています。

 

 

この型のメリットはたくさん! 

 

 

ピックが大きいので均等に弦にあたりやすく、サウンドも均等に得やすいのです。

 

 

 

先端がすり減ってきたときには使っていない他の先端を使えるのでエコなピックといえるかもしれませんね。 

 

 


ペチッとしたアタック感が心地よく、均等なサウンドを得やすいので

 

 

ティアドロップとは少し違った感じのコントロールのしやすさです。

 

 

 

クリーントーンを使ったコードストロークや、カッティングなどが好きな人にも とても良いのではないでしょうか

 

 

 

ソロでも クリーン~クランチ・トーンで特に、その威力を発揮してくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本日はもうひとつご紹介したいと思います。

 

ジャズピックと呼ばれているピックです

 

 

 

 

 

 

ティアドロップと似ていますが、実物はティアドロップよりも やや小ぶり です。

 

厚みもあり独特な仕様ですが、ピッキングしやすいですよ。

 

こちらはジムダンロップのJAZZ 3というモデルです。

 

ピック弾きと指弾きを合わせたハイブリッドピッキングと呼ばれる奏法があります。

 

 

ジャズ、フュージョン音楽では頻繁に使われるテクニックなのですが、そうした奏法にも向いていると思います。

 

またジャズという名前が誤解を生みますが、その演奏性の高さから ロックやテクニカルなスタイルでも愛用している人がいます。

 

デメリットとしては 小ぶりなために、ストロークなどには安定性が十分に保てません。

 

 

 

余談ですが、 世界中のギタリストから尊敬をあつめ その出る音の美しさから

 トーンの魔術師 とよばれるエリック・ジョンソンという方がいます。

 

 

彼もこのピックを長年愛用しており、このピックからあの極上のトーンを生み出しています。あのトーンに近づくにはこのピックを使うだけではなく、右手のバウンス・ピッキングも重要です。

 

ぼくも影響を受けて、バウンスピッキングの練習に明け暮れていた時期がありました(笑)

 

 

もちろん彼の音に近づくには機材面な話もありますが、、 今回はピック回りという事でてへぺろ

 

 

 

 

 

という事で 分かりやすくまとめると、、

 

 

オールマイティなプレーがしたい! な方には ティアドロップ

 

 

コードバッキングが好き!とか、多め! な方には トライアングル

 

 

が ぼくのおススメです。

 

 

 

中には個人で感じる差もありますので、是非色んな種類のピックを試して下さい!

 

 

 

 

 

 

それから ピックの素材や厚さ も大変影響します。

 

 

 

それらについては また今後アップしたいと思いますので、楽しみにしていてください爆笑

 

 

 

 

 

また今回 あげておりませんが カントリーなどの音楽で サムピックという親指にはめて、指弾きとあわせて弾くタイプのピックもありますが省略させていただきました。